古典期『いざ我らくだり、かしこにて彼らの言葉を乱し、互いに言葉を通ずることを得ざらしめん』 Edit

「鉄器」を取得。古典期に入る。
04_classical.jpg

通常のCiv4 BtSでこれだけ隣国に領土を押されていたら古典期に入る前に、青銅器で即座に斧ラッシュなのだが……。
我が国に銅は無いためいかんともしがたい。
一縷の望みは古典期入りの技術、鉄器による鉄資源の可視化及び、領土内に沸くことである。
丘陵がそこそこあるので銅が無いから鉄はあると思いたい。

古き良き時代? Edit

古典時代の技術は大体こんな感じ。
BtSからさらに技術が増え、それに伴い世界遺産もまた増えている。

04_tech_01.jpg

04_tech_02.jpg

04_tech_03.jpg

一つ一つ上げて行くとそれだけで記事になる量なので、プレイレポの要所要所で触れながら解説していく。
詳しく知りたい人はMODを入れてシヴィロペディアを見よう!

ここらへんから技術の取捨選択や交換などを行い一つの文明としての方向性を決めていくことが必要となる。
「必要になったら」技術を取得するのではなく、「必要を見越して」技術を取っていこう。
選択と集中が重要である。

1690 BC ~ Edit

Turn 103
「鉄器」を取得。
残念ながら文化圏内$args[2]鉄は沸かなかった。

一応、遠く離れた蛮族都市圏内に$args[2]鉄があるのを斥候が発見している。
04_ss_01.jpg

だがおそらくジョアンかカパックに攻め落とされて土地も取られるだろう。
とりあえず一縷の望みをかけてチャリオットでも作ることとする。

Turn 105
インカでファロス灯台完成。
沿岸都市の多い我が国に欲しい遺産ではあるがジョアンの開拓者ラッシュでそれどころではない。

Turn 109
$args[2]大菩薩寺完成のお知らせ。
ホメイニ師は順調に宗キチの道を歩いているご様子。
初期宗教聖都は奪うためにあるので、そのうち奪いに行こう。
……この局面を乗り切れたらの話ではあるが。

Turn 110
「酒」を取得。IoTで追加された技術。

$args[2]ワイン(ブドウ)を可視化し、全ての都市で$args[2]を+1してくれるありがたい技術である。
04_alcohol.jpg

ちなみにこんなランダムイベント発生。
04_ss_02.jpg
とりあえず食料を送ってご機嫌取りしておく。

Turn 112
異国でアルテミス神殿完成。
自分で建てるよりも交易ミッションで狙う先としてお馴染みの遺産である。

Turn 114
「陶器」取得。
これで小屋スパムの準備が出来た。
「筆記」に進んで相互通交条約を結べるようにしたいが、ここでちょっと宗教系技術に寄り道する。

Turn 115
首都の北に入植できそうな土地を発見。
04_ss_03.jpg
ポルトガルに囲い込まれているので北に活路を求めよう。

Turn 117
蛮族都市を滅ぼす。
04_ss_04.jpg
インカやらポルトガルが群がっていたので已む無し。
土地はおそらくジョアンに取られるだろうが、せめて小金稼ぎとチャリオットの肥やしぐらいにはしておこう。

ポルトガルと通交条約が締結できたので首都で出来た開拓者を駄目元で送り込む予定。
04_ss_05.jpg

Turn 120
「多神教」取得。

Turn 126
「一神教」取得。

Turn 127
「狂信仰」取得。

そして半ば諦めていた蛮族都市跡地に開拓者到達……ッ!
04_ss_06.jpg
第五都市・奈良建造ッ……! 建造ッ……!

飛び地となった上に東と北をポルトガルに、南をインカに抑えられた苦しい立地。
だが維持費や圧迫のリスクを冒してでも手に入れるべき資源・鉄が手に入った。
$args[2]鉄は産業の$args[2]米であり、重要資源である。
具体的に言うと、これで侍に首の皮一枚繋がった。

1190 BC ~ Edit

Turn 128
「織布」取得。こちらもIoTで追加された技術で$args[2]染料を可視化する。
04_cloth.jpg

ワインや染料はBtSでは何もしなくても可視化出来ていた資源だが、IoTでは対応する技術を取得して初めて可視化されるようになっている。

Turn 129:1170BC
異国でキリスト教創始のお知らせ。

IoTでも後発宗教はあまり広がらないのだが、IoTでは後発宗教にもメリットや特色がある。
例えばキリスト教なら建造物の$args[2]文化出力が他の宗教より高かったりと調整がされている。
AIはともかくプレイヤーが何らかの目的を持って後発宗教の創始を狙っていく価値は0ではない……かもしれない。
ちなみにこれはキリスト教に限らずそれぞれの宗教ごとのアドバンテージがあり、また宗教固有ユニットも存在する。
ここら辺はFfH2の善宗教や悪宗教のようで中々面白い。(FfH2ほど極端ではないが)

そして首都からは弓兵と開拓者ガレー船に乗り込み北の陸地を目指す。

04_ss_09.jpg

ポルトガル領に圧迫されている我が国は領土拡張の望みををこちらに託すしか無い。
せめて6~8都市ぐらい都市がないと複数の建造物で解禁される国家遺産の建造が難しくなってくるのだ。

Turn 130
ワイナ・カパックから相互通交条約の要請。
04_ss_07.jpg
即締結。
これでインカの向こうへ探索範囲を広げられる。

Turn 131
首都から船で北上していた開拓団が海峡を隔てた場所に第六都市・太宰府を建造。
イスラムのユニットと国境線が見える。

04_ss_10.jpg

ホメイニ師の本拠地はどうやらこちらの陸地のようだ。
キリスト教宣教師の姿も確認したので、キリスト教宗主はホメイニ師のようだ。
それでいいのか、ホメイニ師。

Turn 132

04_ss_08.jpg

「奴隷」取得。
IoTで追加された技術で全都市に$args[2]+1という悩ましい技術である。
04_slave_01.jpg

取得時期を間違えると首都など人口の多い都市では不幸が発生する。
ちょうど新技術同士の酒とは相殺する関係にある。
この技術により社会制度【労働】で奴隷制の採用と
IoTの新ユニット・奴隷を生産するための奴隷市場が建造可能となる。

さてここで新ユニット奴隷の解説を挟もうと思う。
04_slave_02.jpg
奴隷は75$args[2]で生産可能な労働ユニットである。
移動力は$args[2]1と労働者に劣り、労働効率も約半分。
だがこのユニットの真価は建造物の緊急生産(50$args[2]相当)が可能、という点にある。
要するにプチ大技術者なのである。
これによって他都市の$args[2]を新都市や遺産建造都市に2/3の効率で回すことが出来るのだ。
しかも生産$args[2]は労働者と同じ方式で換算される。
つまりタイルの$args[2]$args[2]に変換できることを意味する。
Civというゲームにおいてタイル出力のパン一個とハンマー一個は等価ではない。
極端な話をしてしまえば食料資源が豊富でハンマーに乏しい都市であっても
奴隷市場を立てることで生産都市として機能させることが出来るのだ。
勤労志向の指導者や建造効率倍増資源のある遺産であれば目減りしないのもポイントだ。
以前のバージョン*1で奴隷制は採用すると食料産出量にペナルティが付き、
奴隷市場からも不幸が生み出されたので人口による緊急生産などと相性が悪かったのだが、バージョン*2が上がって調整が入っている。
鉱山から$args[2]+1もされるので序盤の生産力アップは嬉しいところである。
やったね市民! 奴隷労働が出来るよ!

奴隷制を即座に採用。
鉱山の$args[2]+1は小さいように見えるかもしれないが、鉱山の$args[2]出力が4だった場合、5に変わるので鉱山からの$args[2]出力が25%上がることと等しい。

そして一神教と奴隷によりIoTで追加された世界遺産「バベルの塔」が解禁される。

04_babel.jpg

この時代としては1300$args[2]という恐ろしく重い遺産だがそのぶん効果は強力で全ての都市で$args[2]+3、$args[2]+3、無償の食料庫($args[2]+6)、全人口+3され$args[2]黄金期が開始される。
劇場版パトレイバー好き、そして川上稔作品好きとしては是非とも抑えておきたい世界遺産だ。

正直、この遺産のためだけにこのレポを書いていると言っても過言ではない。

Turn 137

04_ss_13.jpg

「交易」取得。
これもIoTで追加の技術。交易所という建造物が立てられるようになる。
04_ss_11.jpg

交易路$args[2]を追加し、交易路収入も増幅する。
そして様々な$args[2]衛生・$args[2]幸福資源でコイン増幅される。
金銭都市には是非建てたい建造物だ。
なおこの交易所を建造することでキャラバンというユニットを生産可能となる。
こちらはプチ大商人とでも言うべきユニットで交易ミッションを行える。

さらにこの技術と騎乗で解禁される遺産シルクロードは金銭+80%という非常に強力な遺産だ。
04_ss_12.jpg
まあうちの文明にこれを立てている余裕も騎乗の技術も無いのだが。

また社会制度・政治で「自治都市」の採用も可能となる。
距離による維持費が-50%されるがビーカーにペナルティが付く。

Turn 141
大阪に奴隷市場を建造。バベルの塔の前提条件となる。
シド星でも言詞塔が建てられるのはOSAKAである。
04_osaka.jpg
4th Cityではなくて2nd Cityだが、2nd Cityの倫敦にもBABELは作られていたのでよしとする。

Turn 143
「筆記」取得。
図書館を建てられる時期が大分遅くなってしまった。
ただIoTではアカデミー建設条件に「官吏」があるので、そこまで急いで研究者を雇わなくても良い。
……とは言えここまで図書館無しというのも酷い話だが。
拡張と責められないように軍備に$args[2]を回している我が国の窮状がよく分かる一面である。

Turn 156
「美学」入手。
即座に放出してアルファベットと交換――と行きたい所だが唯一アルファベットを所有しているインカが美学研究済み。
その為、放出も出来ず上位の文学の独占も難しそうな気配だ。
この様子だとアレクを取られる可能性も高い。

530 BC ~ Edit

Turn 161
ジョアンのアルファベットと美学を交換。
04_ss_14.jpg
楽しい技術交換タイムスタートである。

Turn 162
そしてイスラムのホメイニ師が仏教の教皇庁を建造。
何を言ってるかわからないと思うが(ry
04_ss_15.jpg
04_ss_16.jpg
ちなみにユダヤ教宗主でもあるようだ。
イスラム教はまだ創始すらされていない。

Turn 166
「君主制」取得。
社会制度、【政治】で「世襲統治」が【法・権力】で「貴族制」の採用が可能となった。
絶対王政の$args[2]ボーナスを活かすため、政治は「絶対王政」のまま。
法・権力で「貴族制」を宗教で「宗教の組織化」を導入。
現在はまだ無宗教だが、僧院無しで宣教師を作りつつ、国教制定後伝播都市の建造物$args[2]ボーナスを得る
自分のいる陸塊は$args[2]ヒンズー教優性のため、$args[2]ヒンズー教への改宗予定である。
ついでに仏教も伝播させて教皇庁$args[2]ボーナスも取りに行く。

国家指針としては遠交近攻ならぬ遠攻近交。
近くのポルトガルとインカは同宗教ボーナスで後背を突かれぬようにし、海を隔てた陸地のイスラムは教皇庁投票で賛成して最低限の外交感情を維持しつつ、領土拡張をする構えである。

Turn 170
古代遺跡から「鋳金」獲得。
古代遺跡はIoTで追加された資源。(正確には資源というよりもユニークタイル整備に近い)
04_ss_17.jpg
04_ss_18.jpg
$args[2]420と鋳金($args[2]756)では鋳金を取る。
鋳金は建造物の鍛冶屋、タイル整備の工房、社会制度【科学・教育】の徒弟制(全都市の$args[2]+7%、工房の$args[2]+1)を解禁。
さらに日本のUUの解禁条件でもあるのだ。

Turn 174
リスボンにフリーメーソン設立のお知らせ。MMR等の陰謀論ではお馴染みの結社。
IoTで追加された企業で古代~古典時代というかなり早い段階で設立可能な企業である。

04_masonic.jpg

大スパイかIoTで追加された偉人の大名士(色々な偉人の行動が可能な万能偉人)で設立可能だが、高難易度だとよほど狙わない限りAIに取られてしまう。
でも遺産は基本的に獲りに行けばいいのだ。
その前に国が滅びたり圧倒的後進国にならなければね。

04_ss_19.jpg
それにしてもフリーメーソンを設立した大名士がマイヤー・アムシェル・ロートシルト(ロスチャイルド財閥の創始者)というのは中々に洒落が効いている。

Turn 175
「数学」取得。
これで伐採$args[2]+50%。
伐採を十全に活かすことが可能となった。
大阪の都市圏内の森林をどんどん伐採して鉱山に変える。

続く技術は文学を選択。
アレクが取れればよし。とれなければ交換材料だ。
英雄叙事詩も建てられるので必要な技術である。

北の大地探索中のチャリオットが蛮族都市アレマンを陥落させる。
04_ss_20.jpg
04_ss_21.jpg
首都から大分遠いので維持費が嵩んでしまうが、近くに$args[2]米、香辛料$args[2]、牛$args[2]、真珠font_pearl.pngのある優良都市だ。
font_pearl.png真珠はIoTで追加された海産$args[2]資源。FhH2やったことがある人にはラヌーン文明でお馴染み)
こちらの陸地はイスラムしかいないようなので楔を打ち込む役にも立つ。

改宗要請が来るのを待っていたが来ないので自発的にヒンズー教へ改宗。
これで同じ陸地の国とは同宗教ボーナスがつく。
バベルの建造速度も上がる。
ホメイニ師との関係はこじれるが
仮想敵国でもあるので都市を落とされない程度に兵力を配置しておこう。

Turn 176
ホメイニ師の東大寺盧舎那(るしゃな)仏像が完成。黄金時代に突入。
04_daibutsu.jpg
何を(ry

Turn 184
「文学」取得。
続いて法律を取りに行く。飛び地がある関係上さっさと裁判所を作りたい。

Turn 185
ワイナ・カパックのアレク図書館完成。
まあ、仕方ないだろう。
即座に文学を放出準備に入る。

Turn 186
異国でシルクロード完成。
必要な騎乗すら我が国は開発できていないのでこれは仕方がない。

0 AD ~ Edit

ここから紀元前(BC)から西暦(AD)へと突入した。
地球では立川の聖さんのロン毛のほうが生まれた年*3が西暦の始まりとされているが、シド星では特に何もない普通の年である。。
……じゃあなんでBC/ADなんだろうか。
ちなみに
BCはBefore Christ(キリスト以前)
ACがAnno Domini(主の年に)
である。

シド星ではAnno hiDeakiでADにしておこうかな……。
なおIoTでは10BC → 10ADと飛ぶので0ADはゲーム上では存在しない

Turn 188
首都の東に薩摩建造。バベル建設完了を見越してである。

04_ss_22.jpg

これでバベルが建たなかったら泣くしかない。
我が国は維持管理費で財政状態がファイヤーホイール。
$args[2]税率も35%と言った有様なので、バベルの神通力をぜひ頼りたいのだ。
首都で奴隷を緊急生産。最後のブーストである。

それと首都にフリーメーソンが進出してきた。
国内に広めるかどうか悩みどころであるが、本社を戦争で奪うつもりなので広めてもいいかもしれない。
優先度は低めとなるが。

Turn 192
そしてついに大阪にバベルの塔建造完了!
04_ss_23.jpg
$args[2]黄金期突入!
各地の人口、$args[2]$args[2]がそれぞれ+3!
さらに無償の食料庫($args[2]+6)!
言詞塔来た! これで勝つる!

黄金期を利用して社会制度で
【政治】「世襲統治制」(都市に駐留する軍事ユニットから$args[2]、貴族院から$args[2]+3)
【科学・教育】「徒弟制」(全都市の$args[2]+7%、工房の$args[2]+1)
を採用。

Turn 195
「法律」取得。
続く研究は「官吏」。
IoTではアカデミー解禁条件となっている。
このため早めに図書館を建てて科学者を雇用、大科学者でアカデミー設立とは行かなくなっている。

Turn 196
イスラムでイスラム教が創始された。
流石のホメイニ師。
しかし彼の国教は仏教である。

ちなみにBtSではイスラム教創始技術は神授王権(笑)だったが、
IoTでは神授王権取得で無償の大預言者が一人貰えるので、確実に聖都を有効活用できる。
イスラム教を国境にしなくても初期宗教を持っている場合は狙ってみる価値が多少はあるかもしれない。
AIに取らせて聖都を建造させ戦争で奪うのが最も有効だとは思うが。

Turn 200
第九都市出雲建造。
04_ss_24.jpg
……今となっては位置的にもう一マス東で海岸沿いにしてもよかった気はするが、後の祭りである。

もはや財政状況は笑えるほど悪い。
後のことを考えた場合、維持費増加による財政悪化とそれに伴う多少の技術遅れに目をつぶり、スケールメリットを享受出来るようにしたいのだ。
それにしてもバベルのお陰で幸福、衛生、食料に余裕があるので、都市を作れば即座に育つ。
人口消費の緊急生産をしても幸福にも余裕はあるし、食料庫の$args[2]+6で即座に回復する。
バベル様々である。

Turn 201
カパックが大金を持っていたので法律と交換。
04_ss_25.jpg
遺産の建造に失敗したようだ。バベルか何かだろうか。
いいざまだ。お詫びにお安く我が国の開発した法律を格安でお譲りしましょう。

Turn 205
首都で大科学者誕生。
04_ss_26.jpg

$args[2]「テッポウスキー、今日のわしの仕事を言え! 黄金期? ビーカー消費で哲学入手?」
$args[2]「ぼんやりしてろ」
$args[2]「はい」

官吏で解禁のアカデミー用にぼんやりしておけと命令しておく。

See you next time ! Edit

BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL
 BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABE
L BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BAB
EL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BA
BEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL B
ABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL

中世へ

コメント Edit

$args[2]「みんなで幸せになろうよ」
要望、感想などありましたらどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • かなり昔のverだね、verもすでに11.7になってしまった。 -- 2014-09-01 (月) 20:09:15
  • 更新は無しかなあ?おもしろかったです -- 2014-10-15 (水) 18:14:08
  • 更新はします!実は書き始めた時点でテキストは全部出来てるんですがキャプチャが割りと手間で申し訳ない。最新版やるためにもさっさと完結させないと…… -- Chocolat 2014-10-26 (日) 01:36:26
  • おおまだ更新あるのですか、待ってます~ -- 2014-11-09 (日) 16:33:04
  • コミケの原稿も終わったのでそろそろ鈍亀レポートの続きに着手できるます。コミケ終わるまでは勘弁な! -- Chocolat 2014-12-20 (土) 23:32:49
  • ???「いつまでぼんやりしていればいいんですか」 -- 2016-07-30 (土) 01:35:16
お名前:

*1 6.6以前
*2 6.6時点。さらに修正・変更がある可能性あり
*3 最近の研究では本当は紀元前4年頃らしい

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-10 (日) 16:26:06 (1896d)