名前アゴラ・バリュスプロイ
都市電影都市-ARGES(第三世界区画)
字名(アーバンネーム)黄金仮面(ゴールデンマスク) / 『イアソン』
肩書ギルド“アルゲス座”ギルドマスター
種族人間
戦種重騎召喚師(サモンストライカー)
舞闘騎師Lv3 / 銃師Lv3
神器武王(キング・オブ・ナイト)
武器重騎“存在” / 劇場型戦艦“アルゴノート” / 仮面“イアソン” / 仮面“ヘラクレス” / 召喚銃“白八咫”
性格目立ちたがり屋のエンターテイナー
詳細ギルド“アルゲス座”のギルドマスターで座長を自称する仮面の奇人。種族は人間。
黒髪の長身痩躯。派手好きで成金趣味。衣装の随所に鈴と黒い羽飾りを取り付け、背に身の丈ほどの赤い鳥居型ブースターを装備している。これにより時間制限付きだが飛翔が可能。
“人々を楽しませる”ことを第一義に行動する。
番外の『アスクレピオス』と『メディア』の仮面に相応しい女性PCを捜索中。
既に目星は付けているが、相手には逃げられている。
劇場型戦艦“アルゴノート”の所持者で旗艦“ピクシス”の艦長。

仮面“イアソン”を装着している。
その効果は『火炎と刃物によるダメージを無効化する』というもの。

蒼の大型重騎“存在(オン)”を操る。
“存在”は武器を何一つ持たないが、高いSTRとHPを持つ『アルゲス座』の旗騎。
獅子を象った外装を全身に取り付けているため、通常の重騎よりも巨大で重鈍。
第二世界で名付けられたことにより、あらゆるバッドステータスを無視して“存在”し続ける特性を持つ。
この“存在”も仮面を被っており、その配役は『ヘラクレス』。
蛇殺しの曰くを持つため、“魔軍”から忌み嫌われている。
仮面“ヘラクレス”の効果は『蛇系モンスターに与えるダメージを倍化する』。
同盟内PCの予言によると、『十の土地で試練を経て、さらにもう二つの大地で苦難を乗り越え自由の身となる』とされている重騎。

召喚銃“白八咫”は重騎サイズの白い長銃。
射撃時のみ銃身・両翼(大鉈二枚)・三脚が空中に呼び出し、重力操作技術によってそれらを固定する。
召喚された“白八咫”は戦艦の円形舞台「プロスケニオン」に降り立ち、対象を狙い撃つ。
その姿は天体望遠鏡に似ているが、狙うのはほとんど地表。
両翼で対象を斬りつけることもできる。取り外して“存在”の武器とすることも可能。
なお、“白八咫”の各部位にも装甲値が設定されており、破壊されるとアイテム欄から消滅する。
その上一度撃つと再装填に時間がかかるため、ここぞという場面でしか使わない。
しかしテンションが上がってくると祝砲代わりに使ったりする。
アゴラの背にある鳥居と三脚を連結させることで滑空しながら射撃することができる。
掛詞(メッセージ)
登場作品プレイログ『Faith:英雄希望』 / プレイログ『誰かが失われた夜に』(pAPU)
調査報告『アルゲス勢力図』(SN76489)
プレイログ『ツァラトゥストラはかく語りき』(PSGPCM)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-20 (日) 14:15:16 (2650d)