名前サイサリス・サルタ
都市電影都市-ARGES(第五世界区画)
字名(アーバンネーム)大商人(グランマーチャント)
肩書ギルド“八百万”ギルドメンバー
種族天狗
戦種商人
舞闘マーチャントLv6 / 竜機師Lv1(後にマーチャントレベルを7に上げた)
神器幸神(ゴッド・オブ・ラック)
武器機竜“ヤカテクトリ”、錫杖型算盤
性格気のいい中年
詳細“八百万”に所属する商人。赤顔顎髭で鼻の長い黒の二枚翼のおっさん天狗。
長身痩躯で丸サングラスを掛け、錫杖型の算盤を手放さない白髪オールバックの胡散臭い男。
種族特性の二枚翼を用いた垂直上昇とグライダー移動が可能。
しかし急加速は行えず、あくまで移動範囲が広くなる程度で戦闘機動ができるわけではない。
ワイバーン級機竜“ヤカテクトリ”の保有者でギルド内のアイテムを一括管理する。
“ヤカテクトリ”は旅人と商人に加護を与える力を持つ機竜で、AIは感情薄めの女性型。
サルタはこのAIを小型の自動人形外殻に常駐させ可愛がっている。
入手に至っては捕縛されて競りに出された機竜を、当時のサルタが所有資金をほぼ全額投入して購入したという経緯があり、並々ならぬ執着がある。
“ヤカテクトリ”には攻撃能力はなく、立場としては輸送艦あるいは商業艦にあたる。
都市などのセーフスペースでは艦体を外部に解放することで、擬似商業スペースとまではいかないが、擬似ショップ程度として機能する。

“八百万”のギルド運営では会計役を担当。
大型武装建造依頼など、他ギルドと交渉が必要になる際は交渉役も担う。
比較的初期からいるPCで、かつては小規模ギルドの盟主を務めていた経験もあり、敬意を持って先導者と呼ばれることもある。
現在はJ.C.バーチの元で商行為に集中して取り組んでいる。
同じ商人のシェド・セイヴレフティやタマらと情報交換を頻繁に行なっていたが、A・M騒動以降シェドとの連絡は取れていない。

金を動かすことが好きで、いずれ全世界を巻き込んだ大商売をやりたいと思っている。
アルゲス歴が長く、経験から来る落ち着きと気取らぬ物言いによって、周囲にはお気楽と思われている。
豊富なゲーム内知識を持つため、よく解説役や教育役を任されることが多い。
会議などではJ.C.バーチを立てる方向で動き、資料提供・狂言回しを担い、意思決定は下さない。
これは出来ないというわけではなく、ギルド内での決定機能をバーチに集中させるため“していない”だけ。

リアル側の人物が三重出身の中年親父であり、そのことが比較的そのまま行動や思考に反映されている。
若年型プレイヤーの保護や観察に回りたがる傾向があり、後方支援行動を好む。

■ステータス
HP(耐久力) :低
LP(生命力) :低
MP(集中力) :中
STR(力) :中
WIS(知識) :激高
INT(知能) :高
DEX(器用) :高
AGL(敏捷) :激低
PIT(信仰) :激低
LUK(幸運) :激高
肉体系ステータスがほとんど低いが、これは直接戦闘の機会もない商人であるため、“必要ない”と完全に割り切って育てていない。
かつて小規模ギルドを運営していたが、その際もそこそこ戦闘要員がいたので完全に分業が出来ていた。
たとえばギルド構成員が三名の“世界交商学団”は商人である盟主シェドも戦闘を強いられるため、サルタよりも肉体系ステータスは高いし戦闘系スキルも保有している。
しかしサルタはその分のリソースを全て商人としての能力に割り振っており、極端なまでに“商人”として完成している。
知識や幸運の高さは商取引や鑑定の成功率を高める要素であり、その高さは他の商人の追随を許さない。
肉体系ステータスの中で例外的に力が(若干ではあるが)あるのは商人という職業の特性上、物品を複数取り扱う上で腕力にボーナスが付くためであり、本人の力というよりは職業によるステータスボーナス。

大商人の字名は自他共に認めるものである。

■スキル
・観察技能『審美眼』
未鑑定のアイテムや術式効果を見破る能力。
市販品は確実に判定でき、創作系のアイテムや術式は六割の確率で見破る。
実際に効果を見たり受けたりする回数が増えるごとに判定確率は上昇する。
最大で三回繰り返せば確実に見破ることができるが、肉体系ステータスが低いので術式はバックアップがなければ耐えられないことがほとんど。
掛詞(メッセージ)
登場作品

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-09 (日) 01:12:56 (2481d)