東西分裂期 Edit

近畿動乱から和解動乱までの時期を指す

1983年:近畿動乱勃発 Edit

甲子園延長線時に応援団同士の暴動に端を発する動乱が勃発。
全国で総長連合同士が戦い合う自体となった。
抗争はエスカレートし、死者も出る事態となる。

1984年:近畿動乱終結 Edit

詞変線(オルタードライン)形成 Edit

名古屋近辺にて格爆弾爆発
これにより名古屋北部が砂漠化。
詞変線(オルタードライン)が形成される。

二極神器喪失 Edit

東京圏総長:中村・緑、大阪圏総長:九木・右大、茨城山中にて行方不明。
両総長の持つ二極神器、重神器「荒神」「炎神」喪失。

日本東西分裂 Edit

オルタードラインを東西の壁とし、日本が東西に分裂する。

1984年:BABEL建設一時中止 Edit

近畿動乱の影響で全世界広報塔BABELの建設が一時中止される。

1985年:東西学生交流断絶 Edit

USCCにより、アメリカ、中国同様日本も学生代表が分化代表制となる。
これにより事実上の東西学生交流が断絶。

東西往復許可書 Edit

断絶の対処として、臨時教育委委員会より「東西往復許可書」設定。

1985年:国際科学技術博覧会延期 Edit

つくば学園都市のお披露目として予定されていた国際科学技術博覧会が、東西分断の影響で延期される。

1986年:専用学校設立 Edit

東西を結ぶ臨時教育委員会、留学生や優秀生徒たちの専用学校が出来る。

東京 Edit

帝都第一高校建設終了。

大阪 Edit

大阪府立第一高校建設終了。

名護屋 Edit

安土国立高校建設終了

1986年:東西航空網復活 Edit

関東と関西を結ぶ航空網が復活する。

1986年:国際科学技術博覧会開催 Edit

東西航空網復活を受け、前年に予定されていた国際科学技術博覧会が開催される。
つくば学園都市お披露目。
また学園都市の第二期計画が発表される。

1986年:つくば学園都市第ニ期都市計画発表 Edit

留学生、優秀生徒専用校の建設に対抗し、つくば学園都市の内容強化計画が始動する。

『象牙の塔』 Edit

御山設立によって相対的に地位の下がり、存在意義が薄れていた特殊研究教育機関『象牙の塔』の内容強化。

人材 Edit

御山の教官のヘッドハンティングや近畿動乱で行く先を無くした元・学生などを吸収し、人材強化を行った。

カリキュラム Edit

学園都市の立場を向上させるべく、カリキュラムの見直しが図られた。

全学統一 Edit

学園都市というスケールメリットを活かすために個々の学校としてではなく、県内の全学を一つの学校とみなす全学統一計画が始動。

1987年:学園都市-TSUKUBA成立 Edit

全学統一完了 Edit

県内の全学術機関統合。

1989年:4月 Edit

マロースティカ市姉妹都市提携 Edit

1989-04-22
人間将棋を伝統行事とする天童市と、人間チェスを伝統行事とするマロースティカ市が姉妹都市提携を結ぶ。22日まで一週間かけて交流行事を実施する予定であったが、舞鶴山崩落事故により最終日の一大交流行事、“人間駒勝負交流戦”は無期延期となった。

舞鶴山崩落事故 Edit

1989-04-22
舞鶴山周辺一帯で発生した事故。多数の行方不明者を出した。校舎が全壊した邪馬形圏第一高校は新校舎を建造する。

1995年:1月 Edit

神戸大神祭(α) Edit

1995-01-17''
神戸圏で神祭が発生。
神戸圏守護役の芦屋・恵、総長連合役職者の鈴木・総馬、川崎・久葉、来田・照実、桐島・キリエなど多数の死傷者を出した。

1995年:7月 Edit

未確認機鳥目撃事件 Edit

1995-07-28
豪州南部の海上で政府に登録されていない未確認の機鳥二機が交戦している姿が確認された。一機は兵装が施された状態であり、密猟者によって改造された違法の機鳥であると豪州保安局密輸組織調査班(SOI)は断定。違法密猟者摘発のため行動を開始する。

1996年:1月 Edit

不死鳥歌劇場火災事件(α) Edit

1996-01-29
水奏都市威尼斯の不死鳥歌劇場で火災発生。多数の負傷者を出す。

1996年:12月 Edit

和解動乱 Edit

1996-12-25


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-02 (土) 04:03:36 (2273d)