名前熊木(くまぎ)鷺平(ろへい)
都市監獄都市-ABASHIRI
字名(アーバンネーム)鷹の目(過去) / 仙射の熊爺(現在)
肩書マタギ / 語り部
種族人間
戦種遠隔武術師(ストライクガンナー)
舞闘山立式
神器なし
武器村田銃二十八番口径
性格誇り高く頑固だが、認めた相手には助力を惜しまない。所謂男ツンデレ。
詳細外見は藤田和日朗顔の某マタギ。

蝦夷圏第二特務隊長、熊木・冬人の祖父。彼に山の生き方を教えた先人であり、地元の人々から「仙人」と呼ばれる腕利きの猟師。
かつて十六竜将と呼ばれた精鋭集団の一人であるが、現在はその事をおくびにも出さず山奥に篭って暮らしており、人の手に負えぬ大事が起こった時のみ下山し、元凶と対峙する。いわば第二の蝦夷圏守護役。
赤字の領主の背負う罪とその力の意味を知り、それを語り継ぐ役を持つ一人でもある。
掛詞(メッセージ)
登場作品

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-01 (水) 11:53:38 (2700d)