武装 Edit

都市スレで出てきた武装解説など。
当然のように基本非公式。順番も適当。

武器・兵器 Edit

武器や兵器。
大量生産品等だけでなく特殊武装などカテゴリ不明もとりあえずここ。

ブースターロッド Edit

言詞力を増幅する杖。発動には流体増槽カートリッジを使用。回転式弾倉方式。
効果としては、例えば「止まれ」という言葉の持つ言詞力を増幅することで相手に「止まらせる」とかそんなん。
あとはフツーに戦闘杖とも。

  • ヴァリアブル・エンブレム
    液状金属を用いた可変紋章板。詳しくはブラックロッドを読め。
    基本的には周囲空間の流体を使うけど、流体増槽を追加でブチ込むと出力をあげられる。

字伏 Edit

呪槍。異族殺しの呪いの槍。
未だ世が戦乱の只中にあった時代、家族を異族に殺された鍛冶師が自らの命を代償に邪法をもって鍛え上げたと伝えられる。
その後の鍛冶師の行方は知れず、槍を振るって異族を狩ったとも、執念のあまり鍛える最中に槍と同化したとも言われている。
持ち主の殺意や敵意と言った負の感情を糧として鋭さを増し、炎や雷を発する。
原理的には神器と同じ事を槍がしているのだが、持ち主の望む限りどんな効果でも発揮する為、上位危険呪物に指定されている。
そして異族を相手にしたならば、持ち主の攻撃行動をサポートするように槍自身が異族目掛けて飛び掛る。
また、槍に存在する異族へ強い憎悪が異族のあらゆる治癒能力を封じる呪いとなっている。

ストレイト Edit

駆雅・続貴の持つ飛騨式トンファー型神具*1)で、正式名称は『豪対・光弾』。
円柱状の打撃部の端の方に握りがついたシンプルで基本的なトンファーの形状。
余計な装飾が無い渋め仕様。
飛騨式トンファー型神具『豪対』シリーズの番外編で駆雅特注の逸品。
豪対シリーズの特徴である打撃部の多重構造――薄い円柱状の筒をいくつも重ねたようになっている。その筒一つ一つに刻まれた紋章によって、神器の力を籠める程に強度を増していく。刻まれた紋章によっては強度上昇の他にも様々な効果を持つ――に加え、飛騨式としてのギミックがあり、打撃部が六つに分割・伸長することで最大2倍ほどにまで伸びる。
さらに、神器の力を集中・放射することで推進力に変えることができる。
打撃部の六つのパーツそれぞれが加速機能を持ち、最大伸長状態からなら加速したパーツがその速度のままに収縮してひとつ前のパーツに衝突、その推進力の全てを受け取ったパーツがさらに加速することで6連加速による音速超過の打撃を放つことができる。
この超加速力によりまるで一繋がりの一動作にすら見える高速の連続打撃を可能とし、その技が『ストレイト(一繋がり)』の由来にもなっている。

納符機(カード・ホルダー) Edit

符を納めておく機械の総称。機械式でない納符箱や納符帯などもある。
機能は商品によって様々だが、シャッフルや配符、符の大きさに合わせる機能などは大抵使用可能。
また、符やそれらの使用方法は多くの種類があるため、それぞれの用途を助ける“○○対応”や“○○特化”の納符機もある。
デュエリスト的な方々が腕とかにつけてそうなタイプのものもある。

「ずっと俺のターン☆」

神形具(デヴァイス) Edit

風水五行を使う際に扱う楽器と武器を組み合わせたようなもの。
普通の武器として使えるものから、殆ど楽器だったりするものまで様々。

神木剣・咲花(おうか) Edit

長さ二尺強程の古剣型木製神形具。
駿河の龍は多くが水行であり、それを剋する木行の剣。
斬り付けた所から、対象の遺伝詞を舞い散る花弁と化す。
剣の姿をしているが同時に生きた樹木であり、土に刺してリミッター解除すると瞬時に全長五メートルほどまで”成長”する
樹詞技術の原版であり、龍退治の神である浅間大神の名が刻まれている。

現在は駿州龍鎮め役である美咲が所有する。

萩原の指輪(銘不明) Edit

荻原・文月が作成した指輪型神形具。
神鉄製で男性用・女性用の対になっている。

女郎花 Edit

おみなえし、と読む。
五行師、荻原・文月が作成した刀型神形具。
同五行師の持つ神形具“雪月花”の系統に当たる。
キリングメーカーへのカウンター手段としての機能が持たせてあり、彼の持つ指輪型神形具との共鳴を利用した風水五行への介入が可能。
同様の機能を持つ姉妹品に「男朗花」がある。
同期に作成された男郎花とは外見上、機能上の差異は殆ど無い。
こちらのほうがやや細身で軽い。

萩原・文月から一人の少年へ無期限貸与された。
彼女は家族や親しい身内以外には神形具を打たないことで有名で異例の一作。

男郎花 Edit

おとこえし、と読む。
荻原・文月が作成した刀型神形具。
同期に作成された女郎花とは外見上、機能上の差異は殆ど無い。
こちらのほうがやや肉厚で重い。

神楽 Edit

荻原・文月が女郎花、男郎花の試作として作成した槍型神形具。
女郎花、男郎花の影打ちに当たる。
元は荻原の指輪作成時に制作した共鳴用音叉を打ちなおして槍に換えたもの。
系譜としては杖型神形具「十月・改」の後継に当たる。
紋章板や詞験管を使ったブースト機能を有する。
その為、神形具としての格は姉妹品の女郎花、男郎花に劣るが、武器としての純粋性能は上。

萩原・文月から一人の少女へ贈与された。
「嫁には欲しくないが、娘にしたい逸材」
「ネフライトが拗ねるぞ」
「これぐらい元気に育てばいい」
との荻原夫妻から評価を受けたとある人物に贈られた。
彼女は家族や親しい身内以外には神形具を打たない事を考えれば異例を通り越して異常。

過満(かまん) Edit

記憶刀。
自己進化機能を持つ刀型神形具。
紋章術式により、使い手の剣筋や斬ったものの構造などの経験記録を柄尻の記憶槽に記憶する。
それらにあわせて自己の形状や重量などを少しずつ変化させていき、使い手にとって最も扱いやすい刀として最適化する。
つまり“斬れば斬るほど”切れ味の増す刀である。
ただし、柄尻の記憶槽が破壊されると全ての経験記録が破棄され、進化形状がクリアされて初期状態に退化し、ただの「ちょっと頑丈で切れ味のいい刀」に成り下がるという欠陥がある。
“在過”とは兄弟刀。こっちが兄。

在過(あるか) Edit

記憶刀。
非殺傷設定の刀型神形具。
紋章術式により、生体に対しての攻撃力だけを自動判別でキャンセルし、記憶情報に変換して柄尻の記憶槽に蓄積封印する。
物は斬れるが人は斬れない刀。
ただし、柄尻の記憶槽が紋章術式の制御機構も兼ねているため、ここを破壊されると人斬りが可能となる上、今までに蓄積封印した攻撃力が順次解放されてしまうという欠陥がある。
つまり“斬らなければ斬らないほど”解放時の切れ味が増す刀である。
“過満”とは兄弟刀。こっちが弟。

強臓式 Edit

中世の時代に生まれた鉄鋼品の開発術。
使用者の身体の一部を遺伝詞分解し、機械の遺伝詞と合成させることによって、その人の意思が通じる機械を作り上げるもの。
発生は記乗機構を起源とされる。
なお作成される機械は、使用者の意思を表現するのに最も適した道具でなければならないとされる。

一応、喪失技巧の範疇。
だが記乗機構を起源とするので、人と機械の力を結びつけた場合の一つの解として自然とここに到達するケースも多々ある。

記憶 Edit

荻原・蔵人の痛覚を素材に作られた強臓式義腕。
後に右腕を材料に使った生体式義腕を取り込む。
仮発動では腕が伸びる、巨大化するといった使用法が可能。
その為、同技量程度の格闘師相手なら完全に優位に立てる。

  • 仮発動
    義腕のサイズを可変させる。
  • 駕発動
    (詳細不明)
  • 言実詞
    例文
    《拳の届く記憶がある》
    《防いだ過去を記憶している》
    《記憶通りに殺しがある》

過去 Edit

矢村・芙雪の義眼“白雪”をベースに、協音の領主の力と人物関連の記憶を素材に作られた強臓式右義眼。
製作者?の茶目っ気で、強臓式義腕“記憶”と共鳴するように作られている。
ブースト装備なのだが、芙雪にとっては
「なんか面倒になったなあ」
ぐらいの認識で、あんまり有り難味は感じていない。
ただ、蔵人の義腕とお揃いなのは嬉しいらしい。

  • 仮発動
    サトリの力の限定解放及び増幅を行う
  • 駕発動
    サトリの力の完全解放及び増幅と指向性の強化を行う。

時鐘 Edit

非戦闘用目的で作られた。右目が材料。
自分の周囲の空間を構成する流体を記憶し、複製及び展開することが可能。
制御が大変難しく普段は眼鏡によって能力制限することで制御を可能にしている。

  • 仮発動
    仮発動で一定領域の流体の流れを切替え仮想複製空間へ直結させる。
    そのため複製空間内では建造物を破壊しても現実空間への被害は無い。
    また集中すれば誰でも出入り可能。
    入る時は集中していなければ現実空間に行くためなんの被害もないが、
    出る時は集中しないと解除されるまで延々と霧の中を歩き続けることになる。
  • 駕発動
    駕発動では完全複製空間を作り出せる。
    現実に被害が無いのはどちらも同じ。
    だが仮発動が集中すれば誰でも出入り可能なのに対して、駕発動は現実空間に直結させずに展開した空間内へ対象ごと強制移動する。
    そのためため出入り所か解除しない限り術者本人すら脱出不可能。

希望 Edit

強臓式武盾。
材料は所有者の左腕と怒りの感情。

  • 仮発動
    仮発動では防御力の向上、他者を対象とする攻撃の自身への誘導を行う。
  • 駕発動
    駕発動では一定範囲内の流体のベクトル操作が可能となる。
  • 言実詞
    例文
    《何者も希望を断つ事は出来ぬ》
    《希望は人を惹き付けてやまない》

絶望 Edit

強臓式武斧。
材料は所有者の右腕と悲しみの感情。

  • 仮発動
    仮発動では切断力の向上と、自身を対象とする攻撃を逸らす事が可能。
  • 駕発動
    駕発動では他者のあらゆる行動から自身を対象外とさせる。
  • 言実詞
    例文
    《絶望は人の往く道を断つ》
    《誰もが絶望から目を背ける》

不滅 Edit

強臓式義体。
材料はトーマスの声。

  • 仮発動
    仮発動では流体を取り込み防御力の向上、損傷箇所の修復を行う。
  • 駕発動
    駕発動では超人紋章“王界門(キングダム)”の発動を行う。
  • 言実詞
    例文
    《不滅を傷付ける事叶わず》
    《我が躯は不滅なり》
    《滅びる事無く不滅が在る――!》

魔獣(ジャバウォック) Edit

強臓式義腕。
「魔獣」は進化する義腕である。駕発動で吸収した、あるいは喰らった遺伝詞を元に、
自身を常に最適化し続け、最終的には時虚遺伝詞すら破壊するに至る。
……とされている。

この義腕は夢幻都市計画とは別個の計画の為に生み出された。
……と言われている。
しかし、その事を知る者はWOLTを中心とした少人数に過ぎず、それ以外の者にはただの強力な義腕としか説明されていない。
通常、吼束具(サイレンサー)によって封印措置が施されているが、所有者の感情の高ぶりによる魔獣との共振具合によっては暴発解放すら想像に難くない。

  • 仮発動
    仮発動は神器・造神器の強化、遺伝詞破壊*2を行う。
  • 駕発動
    駕発動は魔獣を仲介に所有者を遺伝詞分解。周囲の遺伝詞を巻き込みながら加圧していき、所有者を名通りの“魔獣”として再誕させる。
    魔獣状態では神器・造神器の大幅な強化が成され、造神器ならばオリジナル並みの威力が発揮される。
    なお、破壊された遺伝詞は魔獣に“喰われ”る事となり、跡形も残らない。
  • 言実詞
    例文
    《魔獣とは破壊の王なり》
    《魔獣の牙は人を喰らう》
    《如何な剣も魔獣に届かず》

女王 Edit

材料は所有者の左目……?
本来の役目は強臓式義腕“魔獣”の対抗者(カウンタープログラム)
仮発動によって魔獣を御す事の出来る唯一の存在。

  • 仮発動
    仮発動ではあらゆる強臓式にアクセス。遠隔操作、出力制御・強化が可能。
  • 駕発動
    駕発動は不明。
    「協音の領主」や「識神」、強臓式義眼「過去」のデータを元にした何かとされているが……?
  • 言実詞
    例文
    《女王とは魔獣を縛るもの》
    《聖杯とは女王に捧げられるもの》
    《正義とは女王の成す事なり》

決意 Edit

強臓式自動人形。
心臓を材料に作られた自動人形。提供者が誰かは不明。

  • 仮発動
    仮発動では機械限定の遺伝詞強化と出力上昇。
  • 駕発動
    駕発動は不明。
    ピノ子の強臓式と関連するようだが……?
  • 言実詞
    例文
    《決意とは悪意を跳ね除ける力なり》
    《決意こそが限界以上の力を発揮させる》

Edit

強臓式仮面。
司郎曰く、“鈴木最大の皮肉”を原材料とする強臓式の片割れ。
製作者は司郎の兄・遼。
財閥の技術を盗み極秘裏に開発した。それゆえ技術的に不完全で、駕発動が使えない。
対となる“(ジャッジメント)”という強臓式が存在するが、これも司郎が所有している。
ヴェネツィアには持ってきていない。

  • 仮発動
    仮発動は強制外燃詞。
    効果範囲は二メートル程度で、持続時間は数秒。
    相手の思考を誘導してから発動しなければならない。
    弱点が多く、戦闘には向かない。ババ抜きなどで便利だがイカサマなので注意が必要。
    超限定的だが喋ることができない人の意志伝達に活用できる。
  • 駕発動
    使用不可。
  • 言実詞

*1 神器の力を増幅する機能を持つ武器で神形具みたいなもの
*2 破壊出来る遺伝詞には成長時点によって限度がある。初期段階では常人の二倍、十六万詞階程度。なお、五行と違って魔獣に破壊された遺伝詞は再生不可能。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-10 (日) 01:11:12 (2326d)