神器 Edit

都市スレで出てきた神器解説など。
基本非公式。順番も適当。

右神器(オーバーリズム) Edit

一般的な神器。
2000年代から発動に使うプレイヤーの主流はMDプレイヤーからデジタルオーディオプレイヤーに移り変わって来ている。
だが管理や収録の関係で旧来のMD式や騎搭載型はCD式など様々な媒体が使われている。
基本的には、

  1. 低位:王系
  2. 中位:帝系
  3. 高位:神系

となる。

乳神 Edit

おっぱい

南木明神 Edit

南木は『なぎ』と読む。
設置・時間差型という極めて特殊な神器。
それゆえ「神」の名を持つものの威力は低い。

偶神(ランダムハイ) Edit

ハイリズムの既存神器の効果がランダムに現われるので使い辛い事この上ない
もともとネタとして作られた物だったので存在するのはこれだけ
造った人達も使う人が出るとは思わなかったらしい

嫉神 Edit

エンヴィーハイリズム。
嫉妬に狂った心と頭に心地の良いリズム。
己の生命力を数倍に跳ね上げる効果を持つ。
風水との組み合わせにより擬似だが不死の体を持つことが可能となった。でも痛い。

機神 Edit

自動人形が自らの体が発する“機械の音”にノる事によって、機械の修復、遠隔操縦から一時進化まで、機械の遺伝詞を操る神器。
神器版機甲紋章のようなもの。技術屋泣かせである。

香神 Edit

スパイシーハイ。
香辛料みたいな香りとかオリエンタルなパワーを発揮する神器。実は天竺から伝えられた
由緒正しいものだったりするかも知れないが詳細不明。
「匂い」による嗅覚への攻撃や、オリエンタルパワーによる視覚妨害が可能かもしれない。

左神器(ワインドリズム) Edit

右神器の原型とも言われる古来からの神器群の総称。
大阪の“鬼沈め”の持つ草薙が最も有名。
左神器だからと言って右神器に対して出力や効果で優越するわけでは無いので注意。
むしろ古いことで扱いにくいこともある。

八意 Edit

協音の領主が使う、協調と親和と理解の神器。
八意とは思兼神のこと。
伝承に曰く、
「数人の思慮る智を一の心に兼持る意なり」という力を持つ。
この場合の智とは知識だけではなく、感情や意思をも含む。
つまり相手の思考と同調することで『相手の攻撃を先読み』でき、相手の拍詞と同調することで『相手の神器を模倣』でき、
他者の感情を己のものとすることで記憶都市―NAGANOにおいては『他者の力を己の力に加える』ことが出来る。

牙神 Edit

原始宗教などによく見られる、「獣の鳴き真似」を発声することで発動する左神器。
いわゆる伝承伝説に多い「獣への変化の術」。
擬似的な獣詞変を使用者にもたらす。
変化する獣の形態は使用者個々によって異なる。

天龍 Edit

気圧を操作する神器。
主に風を操作するために使うが、上昇気流の発生により雲を作りだしそれをコントロールすることも出来る

塞神神器 Edit

サイガミジンギ / ウォールハイリズム
人工鬼NAMAHAGEに搭載された左神器。神器名は「仁王」。
効果は結界の形成。防御用というよりは逃走防止を想定して搭載された神器。
……であるが、NAMAHAGEがこの神器を使えることを知っている人はいない。
だってNAMAHAGEを制御して命令下す人とかいないし。
基本的にNAMAHAGEの行動は刑罰の即時執行だし、地脈を介した疑似剽記で瞬間移動できる彼らには塞神を使う必要がないのである。
意味がないね。

川神 Edit

リヴァア・ハイ・リズム。NOTリバー。
水神系亜種というか変種で川を生み操る左神器。
水神系との決定的な違いは、川が水である必要がない点。
電気の川である電流等も操れる。要は流れを支配する神器。
水神系である最大の理由は、水以外の流れは操ることはできても生み出せない点。
とはいえ、電流だったら体に流れてるのでそれを増幅すればいいし、割と何とかなったりする。

鬼爪(オーガクロウ) Edit

邪馬形の鬼力五法のうちの一つ。
突撃の鬼爪。
流体に直接働きかけ『突き』を顕現させる。
理論上無限の射程を持つ。

鬼角(オーガホーン) Edit

邪馬形の鬼力五法のうちの一つ。
衝撃の鬼角。
流体に直接働きかけ『衝撃』を顕現させる。
理論上無限の効果範囲を持つ。

鬼牙(オーガファング) Edit

邪馬形の鬼力五法のうちの一つ。
砕撃の鬼牙。
流体に直接働きかけ『砕き』を顕現させる。
理論上無限の威力を持つ。

鬼眼(オーガアイ) Edit

邪馬形の鬼力五法のうちの一つ。
見撃の鬼眼。
流体に直接働きかけ『視線』を顕現させる。
理論上無限の視界を持つ。

  • 副次効果
    鬼眼はそれ単体というよりも他の鬼力五法の補助、焦点化に使われる。
    単体で機能するのは風水五行師がこれを使った場合の詞階を見る能力や
    邪眼を持つ異族の邪視と組み合わさった場合である。

鬼衣(オーガスキン) Edit

邪馬形の鬼力五法のうちの一つ。
防撃の鬼衣
流体に直接働きかけ『防御』を顕現させる。
理論上無限の防御力を持つ。

  • 副次効果
    防御することでその反動を相手に返しカウンターとして機能させることも出来る。
    通常のカウンターと違うのは相手の攻撃を受け止めきって返す点にある。
    もし鬼衣で受けきることが出来れば相手の発した力をそのまま返せる。

金神 Edit

神器一体型展開式祟神に内蔵されている左神器。
怨嗟の怨念を増幅し顕現する能を持つ。要するに使用者の恨み辛みを攻撃力に変換するタチの悪い武器。
陰陽師の家系である芦屋家に伝わる代物であり、金神単体で存在するだけでも祟りを為す。そのため専用の義腕を介して触れなければ、触れたものは怨嗟に喰われ腐敗していく。不吉なものや妖物を喰らうという特性があり、それを応用することで危険な場所を探知できる。
金神自体は元々過去に存在した一匹の大妖物で、それを芦屋家が調伏し神器の原盤である“音”の型に抑え込んだ。長らくそのままの状態で保管されていたが、第二次大戦前後を期に、当時の芦屋家当主が金神を覆う武装である祟神を作り出し、その中に金神を封じた。故に祟神は剣であるが鞘でもある。
祟神のベースとなった剣もまた曰くつきの代物で、かつて芦屋家に力を貸した謎の男が妖物調伏に用いていた“新しいが古い長剣”を用いている。
そして祟神を打つのに使われた相槌は、同じく芦屋家に伝わる海石榴で作られた土蜘蛛憑きの呪いの槌“槌蜘蛛”。
そのため金神は呪い呪われ呪うために在ると言える。

重神器(ヘビィリズム) Edit

右神器とも左神器とも違う特殊な神器。
使うには特殊な才能や資質を要する場合が多い。

荒器 Edit

6秒間をループさせることで己の有利な未来を選択できる。
仙台圏総長に伝えられる神器。

覇龍 Edit

薙刀型神形具“海凪”に収められた、万物を水のように溶解し、操作する神器。
琉球王家に受け継がれ、その血を引くモノにしか扱うことができない。
近畿動乱の際、当時の沖縄圏総長、真紀子の叔父にあたる尚・零静が使用したとされ、その場に居合わせた、彼を含む87人が行方不明、その後には池が出来ている。
さらには海凪自体も行方不明となっており、別の圏に回収されたという噂もある。

海神 Edit

名は綿津見(わだつみ)
一言で言って水系神器の海限定アッパーバージョン。
水上歩行から水柱、果ては局所的大波を起こして船を鎮めたりする。
逆に、海難救助でも威力を発揮。

砲神 Edit

重神器としての名は大蛇(オロチ)
日上家直系の者しか用いることが出来ない。
すさまじく長い神器であり、その全てを聴いて尚且つ定められた掛詞を唱えることで始めて起動するとされる。
その長さはすさまじく、掛詞だけでも1000ページの文庫本1冊分。
加えて神器そのものの長さも18時間にも及ぶ超大作である。
しかもこれで砕神に匹敵する拍詞を持ち、失敗すると最初からやり直しだというのだから、発動しづらさに関しては日本一だろう。

肝心の特性は対空粒詞砲の単騎行使。
外側、と称される異空間から無垢の流体をサルベージしそれを圧縮加速して発射する。
喪失技巧の領域にあることを個人で行うというトンでも神器である。
一回の発動で発射できるのは3回まで、そして発動開始から全弾発射及び発動のキャンセルが終了するまで使用者はその場を動くことが出来ない。
破壊範囲は最大出力で直径50mほど、流石に朱雀に搭載されたものには劣る。

ちなみに近畿動乱で用いられた際には、炎神で打ち消されたとか何とか。

害神(ノイズ・ハイ) Edit

重神器としての名は「蛭子」。
肉体的、精神的から流体の動き、詞の発動まで、あらゆる行動の妨害を可能とする。
イメージ的には麻痺させたり思考や詞を乱れさせたり、そんな感じ。
その音は雑音と呼べるほど乱れており、ぶっちゃけ五月蝿い。
これを音楽として認識出来る者が使用者となれる。

王我 Edit

邪馬形の鬼力五法を全て納めた者、夜行の領主が使うとされる重神器。
詳細不明。

特殊・不明系 Edit

左右にも重にも属さない、あるいは個別で一種を成すような神器。
というか神器なのそれ?

次元壊 Edit

リュミーン。喪失技巧。
空間と空間の繋がり方を自在に組み替えることの出来る神器。
右神器ではありえず、左神器でもないが重神器であるかも不明。
最低でも百二十万詞階以上を扱え、なおかつ敦詞の持ち主でなければ発動できない。
過去に使っていた者は既に死んでおり、扱えるものもいないため事実上失伝している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-10 (日) 02:14:24 (2380d)