“疼騎” Edit

鈴木・遼が開発した災害救助用軽騎。2006年現在、量産化に向けて鋭意努力中。

概要 Edit

麗帝をベースに開発された簡易量産型と呼べる騎体。白いカラーリングで統一されている。

騎乗者 Edit

  • 柊・充次郎
    鈴木・司郎が御山で見出した。次期総長候補だったが、幼馴染のユーイに敗れ御山堕ちの字名を得た後に“疼騎”のテスト騎乗者となる。“疼騎”という騎体名称も柊・充次郎由来。

騎体バリエーション Edit

  • 疼騎・正義仕様
    柊・充次郎専用にカスタマイズした疼騎。両肩に拡声スピーカーを持ち、赤い防護マントを巻いている。拡声スピーカーは災害救助時の呼び掛けに、防護マントは火災現場からの脱出時に生身の人間を包み炎や煙などから守るために用いられる。
    また拡声スピーカーと腕部を共振させることで超振動破砕打撃を放つことができ、コンクリートも難なく破壊可能。
    そんな騎体ではあるが、平時は充次郎の趣味に用いられている。
    しかしこれは開発者の鈴木・遼公認であり、遼は騎体の宣伝活動として捉えている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-03 (木) 00:36:19 (2451d)