電影都市-ARGES:第二世界区画 Edit

第二世界区画とは名前が役割を表す世界である

世界特性:名称世界 Edit

・――名は力を与える。

第二世界区画は、名を付けることで力が発揮される世界である。
この世界において『無銘』の物品や『匿名』の人物は効果・能力などに大きな制限を受けることとなる。
第二世界区画出身PCは、名前に応じた能力値やスキルのボーナスを恩恵として得ることができる。
物品だけでなく、物理現象や理論に対しても名が刻まれるので、『名称』のついた攻撃なども自動的に強化される。
ただし、頻繁に名前を変えて効力を上書き、キャパシティオーバーの名称、単純に名前を連ねて重ねるだけの強化など、
名前の概念を逸脱する命名は字我崩壊を引き起こし、ゲーム上からロストするので注意が必要である。
第二世界区画で作られ、『名付け』られた武器やアイテムは非常に優秀な性能を持つため、他世界区画でも有効で、高値で取引されることが多い。
他世界区画のPCであっても装備品調達のために一度は訪れ、手に入れたいところである。

NPCは殆どが人型。敵も同様に人型の比率が高い。
第二世界区画の上位クラスPC、NPC、敵キャラは神化している場合が多いので、対抗策が無い場合は非常に苦戦を強いられることになるだろう。

不定期にBOSSが暴走し、暴走時はアクティブ化し、取り巻きを引き連れながら深層から地上層へ向けて侵攻するイベントが発生する。
この際には世界区画全体のモンスターがアクティブ化、街などの区画へも侵入を始める。
暴走したBOSSの撃退・沈静化に失敗するとしばらくの間、第二世界区画は封鎖される。
その場合、区画内のPCは強制ログアウト、次にログインした際にランダムに他の区画へ送られる。

フィールドサイズ:27 Edit

マップは古代日本をベースに、近未来的物品などを混ぜたハイブリッド。
フィールドの広さは27fields。山や自然が多いため、大型ユニットや記乗ユニットなどは探索などが若干不利。
街やダンジョンから地下区画へと潜ることが出来る。
メインダンジョンと言うべき地下区画は、街やダンジョンなどほぼ全域から潜ることができる。
低層付近は初心者向け、中層~深層にかけて全てのダンジョンが一つに繋がっており、深層に行くほど難易度は幾何級数的に増加する。
最深層では世界管理をする防衛システムと言うべきものがBOSSとして存在している。

BOSS:ガフトノーシュ Edit

BOSSは通常時/暴走時の二形態を持つ八首の竜。

通常時は地下区画最深層に存在する。
BOSSには珍しく非アクティブ。
だが一度戦いを始めると八つの首から繰り出される怒涛の連続攻撃が始まるので、
戦いを挑む前に補助アイテム、魔法などで強化しておくことが望ましい。

暴走時は地表に出るまでは倒すことが出来ないので注意が必要。
暴走時に一定ダメージを与えると、超高熱の炎竜へと姿を変える。
超威力のスプラッシュダメージを連発してくるので、耐熱装備無しの場合、高レベルでも一撃で落ちる事も少なくない。

固有戦種 Edit

各世界の固有職業を記述

ギルド Edit

この世界を拠点として活動するギルド

世界交商学団

物語概要 Edit

物語のあらましや登場人物、物語単体の時系列などを記述


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-02 (月) 15:02:30 (2638d)