名前A・M
都市電影都市-ARGES(第九世界区画)
字名(アーバンネーム)将軍(ジェネラル)
肩書ギルド“軍”ギルドマスター(廃人)
種族人間
戦種大将軍(グランジェネラル)
舞闘拳師Lv7 / 大将軍Lv1
神器光神(ゴッド・オブ・シャイン)
武器機殻篭手“無爪”
性格温厚で人好きの善人
詳細ギルド“軍”のギルドマスターにして廃人。種族は人間。
白髪で褐色の肌を持つ少年。瞳は紅い。
上半身に肌にフィットする半袖の白い戦闘服を纏い、下半身に足首まで保護する同色の長ズボンを履いている。
頭には前部のみ鍔のある三角帽子を被り、将軍としての威を示す黒のマントを腰に巻いている。
第九世界で始めたのはSTRにボーナスが付くからという脳筋理由。
開始当初にヘルプをろくに読まず、開始早々砂漠で迷い死にかけた過去を持つ。
その際に偶然通りかかったシェド・セイヴレフティたちに拾われ、一命を取り留める。

ゲーム内では「己の手で全てを掴み取ること」を目的に行動する。
戦闘では右拳による攻撃が中心だが、いざという時には左拳が出る。

拳師Lv7になった際にクエストを達成し、大将軍になる。字名も“将軍”に変化。
将軍になったことで彼個人が得た技能は『力への意志』と『善悪の彼岸』。
『力への意志』は自己を中心に半径50メートルの円を発生させ、円の中にいる敵味方のSTRを大幅に上昇させる。
『善悪の彼岸』は自己のPITをSTRに転化する諸刃の個人用技能。
将軍として経験を積めば、最終的に神を殺す技能を習得できると言われている。

“将軍”は大将軍化以前から周囲に集っていた人々を纏め上げ、戦闘系のギルド“軍”を設立。
“七本槍”と渾名される十人のPCを中心に、急速に勢力を拡大していく。
十人なのに“七本槍”である理由は、選抜基準が“何らかのLv7である”ため。
彼を特徴付ける盟主専用戦略技能は“人脈”。範囲内同盟PCのSTRを自身の拳に一極集中する。
“世界交商学団”といった他のギルドとも積極的に協力関係を結ぶ。

“軍”は何事においても自由を尊ぶベクトルを持ち、集会も強制参加ではない。
しかしA・Mは所属するPCを惜しみなく援助するため人望があり、集会の参加率は非常に高い。
掛詞(メッセージ)
登場作品プレイレポート『私の探しもの』(AY-3-8910) ※会話文にだけ登場
プレイログ『Faith:英雄希望』 / プレイログ『誰かが失われた夜に』(pAPU)
調査報告『アルゲス勢力図』(SN76489)
「超人と『始まりの人間』たち」

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-05 (月) 04:04:24 (2726d)